テレビ録画サーバを作る GV-MVP/XSW

20130204-nec_0026.jpg
地デジになってから、結構な年月が経ちますが、皆さんはテレビ録画は、どうしているでしょうか?
筆者は、ファイルサーバにTVキャプチャーボードを取り付けてテレビ録画サーバとして利用しています。今回は、構成の検討から動作させるまでを一気に紹介します。

 

========関連記事========

まずは構成と使い方を検討します。
・録画サーバはXP(professional)SP3機とする(兼ファイルサーバ)
・キャプチャボードは、GV-MVP/XSWを使う
・録画サーバでは再生せず、DiXiM Media Serverを使ってDTCP-IP対応のテレビで視聴する。
・基本的には、ジャンル指定で録画して、HDD容量が一杯になったら古い録画から自動削除する。
・HDDは1TBを載せる
・持っているソニーの液晶テレビBRAVIA(J5シリーズ)はMPEG4-AVC/H.264の再生に対応していないので、トランスコードは使用しない。
・ディスプレイは接続しない
—————————————————————————–
GV-MVP/XSWは、古いボードですが、後継として、GV-MVP/XS2WGV-MVP/XS3Wが販売されておりますので、参考になる部分もあると思います。
GV-MVP/XSWの推奨環境を紹介します。
CPUは以下のようになっています。
・Pentium Dual-Core E2180(2.0GHz)以上
・Core 2 Duo E4400(2.0GHz)以上
・Core i3 530(2.93GHz)以上
・Athlon II X2 235e(2.7GHz)以上
デユアルコア以上で、2.0GHz以上ならOKだと思います。
メモリは
XP:512MB以上 [推奨 1GB以上]
Windows 8、Windows 7、Windows Vista:1GB以上 [推奨 2GB以上]
となっているので、推奨のCPUを積んでるPCならこれくらいは積んでるでしょう。
あとはハードディスクですが、これは、出来るだけ大きな容量が良いでしょう。(トランスコードを使うなら、多少は小さくても良いです)
個人によって、どのくらい録画して、どのくらい保存しておきたいかによって変わるので、とりあえず300GBくらいで始めて、その後に増設でも良いかもしれません。
グラフィックボードは、COPP&DXVA対応が必要
ディスプレイはHDCP対応している事
—————————————————————————–
では、今回使用するファイルサーバのスペック紹介です
20130204-ss001.jpg
20130204-ss002.jpg
マザーボード:AB9
CPU:Core2Duo E6600(2400MHz)
メモリ:DDR2-800 4GB(認識は3.37GB)残りはRAMディスクとして利用
HDD:ST31000333AS (1TB)
グラフィックボード:GeForce2 MX400(ドライバ:6.14.10.9371)
ディスプレイ:なし(リモートにて作業)
推奨構成と見比べてもらいたいのですが、COPP&DXVA対応グラフィックボードとHDCP対応ディスプレイがありません。
これでは、使えないんじゃないかと思う人が多いでしょうが、この構成で録画とDiXiM Media Server(ネットワーク配信)使用には、問題がありませんでした。
グラフィックボードに関しては、x16スロットにU3S6が差さっているので、PCI接続のGeForce2 MX400にしています。PCI接続のグラボは何枚か試したのですが、3D Blaster Savage4とViper V330は録画が出来ませんでした。このあたりの情報は、筆者のような使い方をしている方が少ない為か、ネットでは情報が見つかりませんでした。とりあえず、目標の動作をしているので、これ以上の検証は行いませんでしたが、この構成での動作を保障するものではありませんので同様の構成にチャレンジする方は自己責任でお願いします。
—————————————————————————–
以上で、目標としていた環境が整い、BRAVIA(J5シリーズ)での再生も問題なかったので、運用していたのですが、録画ソフトの安定性が悪いです。
そこで、ちょっとした対応をする事にしました。
・サービスのDiXiM Media Serverが落ちる(テレビからサーバが見つからない時は、大体サービスが停止してしまっている)
  ↓
スタート→マイコンピュータ→管理→サービスとアプリケーション→サービス→DiXiM Media Server 3 for mAgicTVをダブルクリック→回復タブにて
最初のエラー:サービスを再起動する
次のエラー:サービスを再起動する
その後のエラー:サービスを再起動する
エラーカウントのリセット:1日後に行う
サービスの再起動:1分後に行う
・mtvManager.exeが落ちて録画に失敗する
  ↓
1回/1日は再起動する(録画の無い時間帯を選んで再起動させる)
  ↓それでもだめ
スタート→マイコンピュータ→管理→サービスとアプリケーション→サービス→I-O DATA mAgicTV Digitalをダブルクリック→回復タブにて
最初のエラー:サービスを再起動する
次のエラー:サービスを再起動する
その後のエラー:サービスを再起動する
エラーカウントのリセット:1日後に行う
サービスの再起動:1分後に行う
  ↓それでもだめ
現象としては、サービスのI-O DATA mAgicTV Digitalは落ちていないし、mAgicTV マネージャDigitalのアイコンも消えていないのに録画に失敗する。
  ↓そこで、以下の設定を行う事にした。(XPの場合です)
—————————————————————————–
mtvManager.exe起動バッチの作成
右クリック→新規作成→テキストドキュメントで作成したファイルの名前を変更してxxx.batにする
(xxxの部分はお好きに決めて下さい)
作ったxxx.batファイルを右クリック→編集にして以下を記入する
cd “C:\Program Files\I-O DATA\mAgicTVD”
start mtvManager.exe
上書き保存をします。
—————————————————————————–
mtvManager.exe起動バッチのショートカットの作成
作成した、xxx.batファイルのショートカットを作成し、名前をxxx.bat_minimumとします(ファイル名はお好きにどうぞ)
xxx.bat_minimumを右クリック→プロパティ→ショートカットタブの実行時の大きさ:最小化
に変更します
—————————————————————————–
タスクへの登録
スタート→コントロールパネル→タスクを開きます
スケジュールされたタスクの追加をダブルクリックして、
次へをクリック
参照からxxx.bat_minimumを選択します。
日単位を選択して、つぎへ(タスク名はお好みで)
再起動して少したった時間を選んで
毎日を選択して次へ
パスワードを入力して次へ
完了します。
タスクの一覧に現在作成したタスクが表示されているハズですので、それをダブルクリックして、
スケジュールタブを選択します。
詳細設定をクリックします
タスクを繰り返し実行にチェックを入れて、
間隔:3分
継続時間:24時間
にしてOKをおします。
もう一度OKを押します。
—————————————————————————–
以上の設定で、タスクを開始してから24時間は3分おきにmtvManager.exeを実行する事となり、mtvManager.exeが落ちていたら起動してくれるようになります。
正常に実行されていれば、何も起こりません。
mAgicTV マネージャDigitalのアイコンが2つ並ぶ事がありますが、一つは異常終了しているのにアイコンだけが残っている状態ですので、マウスカーソルをあてると消えます。
設定の途中でショートカットを作成しているのが気になる方は、.batファイルを直接タスクに登録してみてください、そうすると3分おきにウインドウが上がるので結構ウザいです。
筆者の環境では、
GV-MVP/Xシリーズ サポートソフトでもGGV-MVP/HVXシリーズ サポートソフトでも良好な録画環境が実現しています。
とは言っても、1週間に数本は失敗しますが・・・
これ以上は、サポートソフトの安定性が向上しないとどうしようもないですね。

雑談スレ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)