インテル マザーボード D101GGCのBIOSアップデート

やっと動作テストまで終了したD101GGCですが、
次にBIOSアップデートを行うことにしました。

 

========関連記事========

IntelからBiosをダウンロードしてフロッピーに書き込んで、ブートすると

Please waitから進まないので、最新から一つ前のBIOSで試してみたんですが、これもダメ
色々と調べていると、一つの仮設に行き着きました。
もしかして、OEMマザーでは?
答えは↓ここにありました

BIOS Versionの所を見るとintelのBIOSのバージョンとは一致しないのです。
この、BIOSバージョンを元に、さらに調べると
eMachines J4436
であることが判明しました。
このマザーボードはD101GGCであることは間違いないのですが、Intelが自作向けに出荷したものではなく
eMachines J4436からの抜き取り品ということがわかりました。
eMachines J4436のサポートからBIOSをダウンロードするとフロッピーからブートして行うのではなく
Windows上からIntelのツールを使って行う物のようなので、BIOSのアップデートはWINDOWSをインストールしてからということになりました。
このD101GGCは、とりあえず使用できそうですが、色んな意味でジャンクなマザーでした。
ですが、DDR2メモリを使用するマザーが多い中で、DDRメモリが使えてPCI Express x16が使えるマザーは、あまり無いので最近余り気味のDDRメモリを使うには良いマザーだと思います。
ただし、core2duoには対応していないのが残念です。
(試しにCeleron Dual-Core E1200を装着して起動してみましたが、BIOSすら出ませんでした。)

雑談スレ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)