ATOMで省電力っぽいPCを作る(その2)


前回はケースの紹介をおこないましたが、今回はパーツを紹介します

 

========関連記事========

まず、マザーボードはECSの945GCT-Dです。
IntelのAtom1.60Ghzオンボードのマザーです。
チップセットは945GC と ICH7です
メモリはDDR2です。
CPUは、初期のAtom230
HT対応で1コア2スレッド
TDPは4Wです。
フォームファクタはMini-DTXで、スカスカで良ければATXケースに取り付け可能です。
これで、20ピンのATX電源に対応していれば古いPCの載せ替えに最適なのですが
24ピンなので、Pen4電源だと交換か変換ケーブルが必要になります。
HDDは省エネには向かないので、以前交換してもらったSSD-32GBを積みます。
メモリは新規で1枚購入しましたが、手持ちの1枚と合わせて
DDR2-1GB×2でいきます。
次回は、組み立て作業を行います。

雑談スレ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)