D101GGCで自作パソコンを組み立てる

D101GGCで自作パソコンを組み立てる
データベースの障害によって消えてしまったブログが約10件あるのですが
D101GGCを使っての自作PC組立て記事だけは消えてしまって悔しかったので
思い出しながら、もう一度書きます。
さて、前回 Pentium4 640を載せて起動確認までしたD101GGCですが、
このままでは、パソコンとして利用できないので、ケースに組み込もうと思います
今回は、壊れて使えなくなったマザー
GIGABYTE GA-8IPE1000 PRO2

をD101GGCに交換します。

自作PCとは言っても、今回はマザーボード交換です。

 

========関連記事========

======================================================
まずは、GA-8IPE1000 PRO2を取り外します
そして、バックパネルを取り付けるんですが、D101GGCはジャンクにて入手の為
バックパネルがありません。
手持ちで、形の合うものを探しましたが、今回はダメでした。

稀に、同じチップセットのマザーのバックパネルが合う事があるんですが、無くても別に良いので
そのままいきます。
======================================================
次に、スペーサーをD101GGCの穴に合わせて、付け替えてから固定します

これで、マザーボードの交換が済みました。
======================================================
GA-8IPE1000 PRO2はAGPのグラフィックボードだったのに対して
D101GGCはPCIexなので、グラフィックボードも交換します。

グラフィックボードは、Radeon HD4670だったと思います。
このグラボの売りは、補助コネクタ無しでも、そこそこの能力があることです。
======================================================
次は、HDDですが、メモリスロットが2つしかないので
DDR256MB×2=512MB
となってしまっているので、OS用に1台とスワップ用に2台取り付けることにしました。

システム用には、
WesternDigital WD800
を積んで、あとは20GBくらいのを2台という構成です。
OSはXPなので、
マイコンピュータ→右クリック→プロパティ→詳細設定タブ→パフォーマンスの設定→詳細設定→変更
で、
Cドライブ→ページングファイル無し
残りの2台のHDDは、カスタムサイズで
初期サイズ4000
最大サイズ4000
に設定します。
以上の設定で、スワップ時の速度低下を最小限に食い止める事ができます。
ただし、HDDが余っているなら今回の設定で良いですが、余ってないなら中古でも良いので
DDR512MB×2にした方が、幸せになれますよ。
======================================================
これで、とりあえず稼動開始した訳なんですが、
負荷をかけ続けると落ちるんですよ。
原因は、多分温度です。

 

という事で、


新しい、CPUクーラをGETしました。

現在のCPUクーラ 

新しく買ったCPUクーラ(写真はプッシュピンからバックプレート用に改造後です)

違いは、まず大きさです。そしてなにより
銅柱埋め込みタイプです!!
これは冷えるのでは!?と思い早速交換
・・・で起動・・・BIOSで温度確認・・・
変わってねー!!
でも、温度上昇が緩やかになったのと、電源が落ちなくなったのでまぁいっか!!
======================================================
あと、忘れちゃイケない、BIOSのアップデートですが、

何回やってもできない!!っ何で!?
と思ったら、このマザーはIntelのD101GGCには間違いないのですが、
 Emachines J4436のマザーを抜き取った物のようです。どうりでフロッピーからできないハズです。
仕方無いので、Windowsをインストール後に、BIOSのアップデートをしたら上手くいきました。
======================================================
やっと動き始めたD101GGCですがどの程度の性能なのか、気になったのでPSO2のベンチを取ってみた。
スペックは
M/B:D101GGC
CPU:Pentium4 640(3.2GHz)
メモリ:DDR400 256×2
グラフィックボード:Radeon HD4670
スワップ専用HDD:20GB×2

測定結果は465でした。思ってたよりも高いです。
実際にプレイしたら、マップの移動は恐ろしく遅いですが、
難易度の低い場所でのレベル上げやアイテム収集程度には使えそうです。
やはり、ボトルネックはメモリ容量です。

======================================================
これにて、D101GGCを使った自作PCは終了です。
ブログで書くと、簡単にやっている様に見えますが、結構時間が掛かる作業なので
プラモデル感覚で、数日に分けて楽しんでやるのが良いです。

自作PCは、色々なトラブルも発生しますが、それもまた楽しみであり、勉強でもあります。

雑談スレ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)