BBR-4MGを弄る(Linux)(第3回)USBを増設する(その1)

以前、Linux化したBBR-4MGですが、USB端子を増設できるそうなので、
やってみる事にしました。

この改造で一番難しいのが、ADM5120Pの
167:VSS
168:CLK48M
に線をつなぐ事だと思います。

私の場合はピンを上げてから線をつなぎ、収縮チューブでショート防止って感じでやってみましたが・・・


なんとか、うまく配線できたようなので

早速、固定しました。


次は48MHzクロックの入力なのですが、その前に
Make BBR-4MG into Linux routerさんのページを参考にして、
R82とR83を15KΩに付け替えます

↑付け替え完了です。


いよいよ、USBクロック入力部分の作成ですが、オシレータの手持ちが無い!!!
って事で、ジャンク基板をあさっていると

PCI接続のUSB2.0でないっぽい(もちろん3.0でもない)ボードを発見!!
使えるかどうか試してみると、動作が不安定なのでコイツからUSB用の48MHzを頂くことに決定

したものは良いが、このオシレータのデータシートが見つからない!!
ので、

OPTI 82C861のデータシートとテスタを頼りにピンアサインを探ってみた。
結果は↓

という感じでした(多分)、3.3VはOPTI 82C861と共有の電源から取っていて、
OPTI 82C861のデータシートには3.3vか5Vで、できれば3.3vが良いみないた感じで書いてあったけど
多分3.3VでOKだと思う。


続きをしたかってけど時間切れのようなので、また今度。

 

雑談スレ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)