黒箱から玄箱への道(第3回)(kuro-boxへのJTAG接続前の準備)

前回、シリアル接続にてファームが壊れていることがわかった玄箱ですが、
JTAG接続前に玄箱の基板に改造が必要なので作業開始です。

まずは、CN5とR67の作業に入ります。


R67には1kΩのチップ抵抗が必要なので、壊れたマザーボードから調達します

←R67取り付け後

本来なら、RA11に10kΩの連結抵抗が必要なのですが、壊れたマザーボードに丁度良いサイズは見つからず・・・


とりあえず、置いといてコネクタを付けます。
ランド部分がハンダで塞がっているので、ハンダ吸い取り線で丁寧に取ってからピンヘッダを付けます

ほら、できた!!
って、書くと一瞬ですが、結構時間かかりました。


あとは、RA11をどうするかですが、調べているとkuro-box/jtag – ki.nuさんのページ
シリアルで使ったJ1の3ピンの3.3VにJTAGコネクタの4,5,11,15ピンを10kΩでプルアップするという方法が紹介されていたので
マネしちゃいました・・・

それなりにキレイにまとめようとしたんですが、イマイチだったかも・・・
すこ強度が気になるので、動作確認ができたらホットボンドで固めるようと思ってます。

雑談スレ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)