このブログがGoogleウェブマスターツールにて「価値のない質の低いコンテンツ」として手動ペナルティを受けていた

長い題名でゴメンなさい、内容は題名どおりなんですが、
当ブログが、「価値のない質の低いコンテンツ」として手動ペナルティを受けいていました。


なぜ、わかったかと言うと、最近ウェブマスターツールで確認できるようになったからです。
確認方法は、
検索トラフィック⇒手動による対策
です。
WEBサイトに問題がなければ、
手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。
と表示されるはずですが、
当ブログは、以下のような文面になっていました。
=================================================================================
このサイトは、Google のウェブマスター向けガイドラインに違反している可能性があるため、Google 検索に表示されない可能性があります。
サイト全体の一致  手動による対策がサイト全体に適用されます

理由 対象

価値のない質の低いコンテンツ

すべて
このサイトのほとんどは、ユーザーに付加価値をほとんど提供しない質の低いページ(実質のないアフィリエイト ページ、見かけのみで内容のないサイト、誘導ページ、自動生成されたコンテンツ、コピーしたコンテンツなど)で構成されているようです。  

================================================================================

原因は、http://maruprice.net/の他のサブドメインが同様の手動ペナルティを受けていた影響だと思います。
APIを使った商品検索サイトはGoogleに嫌われてしまうようなので、付加価値を付けて「審査をリクエスト」するしかないと思いますが、
当ブログは、私自信がキーボードを打って作成したコンテンツばかりであり、コピーコンテンツではありませんので、
早速、「審査をリクエスト」してみました。
結果はというと、2013/08/09にコピーコンテンツではない旨を記入してから、審査のリクエストを送信して
2013/08/13に手動ペナルティが外されたようです。
手動ペナルティを外したというメッセージは来ていませんでしたが、http://maruprice.net/以下のサブドメインが
手動ペナルティを受けたというメッセージを再度受け取ったので、http://maruprice.net/全体が再審査されたのだと思います。
確認したら、このブログのみ手動ペナルティが外れてました。
※2013/08/14追記:「http://blog.maruprice.net/の再審査リクエストを処理しました」というメッセージが届いていました。
よくサブドメインかサブディレクトリのどちらがSEOに有利かという事を耳にしますが、手動ペナルティを受ける可能性のあるサイトを
運営している方は、サブドメイン形式のほうが、手動ペナルティの切り分けがしやすいかもしれません。
もちろん、ディレクトリ単位でのペナルティもあるので、手動ペナルティの判定にはどちらも差が無いと思いますが・・・
あくまでもサイトマスターとしての切り分けのしやすさですね。
あとは、ディレクトリ構造をしっかりと作って、手動ペナルティを受けそうなページは1つのディレクトリに集めて、ドメイン全体が手動ペナルティを受けるのを防止するのも有効だと思います。
あと、手動ペナルティを受けたサイトに関してですが、私はスパムと思ってサイトを作成してはおりませんので困っています。
やはり、付加価値ですかね・・・(悩)

雑談スレ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)